LEVI'S® VINTAGE CLOTHING 501ZXX(1954年モデルRIGID)
6015f21d6728be77ca8c216d 6015f21d6728be77ca8c216d 6015f21d6728be77ca8c216d 6015f21d6728be77ca8c216d 6015f21d6728be77ca8c216d 6015f21d6728be77ca8c216d

LEVI'S® VINTAGE CLOTHING 501ZXX(1954年モデルRIGID)

¥30,800 税込

送料についてはこちら

  • W30×L34インチ

  • W31×L34インチ

  • W32×L34インチ

  • W33×L34インチ

    SOLD OUT

  • W34×L34インチ

    SOLD OUT

  • W36×L34インチ

リーバイス® ビンテージ クロージング(LVC)は、過去の貴重なロットナンバーを忠実に再現して作られた復刻コレクションです。 501ZXX(1954年モデル)は501XXのジップフロントバージョン(タロンの42ジップを採用)で、テーパードレッグがとっても美しいモデルです。 アフターアワーズで扱っているデニム4モデルを比較(33インチにて)すると、この501ZXXの裾幅が19cm。501XX(1947年モデル)が20.5cm、501XX501(1966年モデル)が21㎝、505ビッグEが20cmとなっていて、こちらが最も裾幅が細いモデルになります。 同じテーパードシルエットの505Eと比べると(33インチにて)、501ZXXのワタリ幅は31cmなのに対して505ビッグEは30cmなので、501ZXXがテーパード感もこちらのほうが強め。 ファッション的な観点でいうと、この501ZXXがテーラードにはいちばんしっくりくるんじゃないかなと思っています。 2017年にコーンミルズ社のホワイトオーク工場が閉鎖になったのに伴い、LVCのデニム生地は広島県福山市のカイハラ製にシフトしました。カイハラは年代別に異なるデニムに仕上げていますが、501ZXXは12オンス(洗濯後14オンス)の整理加工をしていない織り上げたそのままの生地(キバタ)を使用しており、毛羽が立った自然な風合いがいい感じです。濃紺のピュアインディゴで染色しています。 個人的には1サイズ大きいのを選んで、ややゆったりめのテーパード感を楽しむのが好きです。 ※リジッド(未洗い)モデルのため、洗濯後に縮みます。2サイズ大きめのご購入をおすすめ致します(縮み幅は洗濯や乾燥方法によって異なります。タンブラー乾燥にかけた場合、さらに縮む可能性がございます)。 ※淡色の衣類、革製品、布張りの家具等への色移りにご注意ください。 また、ご家庭での洗濯の際は品質タグをお読みになり、他の衣類への色移りにご注意ください。 【501ZXX 1954年モデルのサイズ】 ①ウエスト(ヌード寸) ②ウエスト(仕上がり) ③ヒップ ④股下 ⑤前股上 ⑥渡り幅 ⑦裾幅 ① ② ③  ④  ⑤  ⑥  ⑦ W30 L34インチ 76 76 96 85 27 30 18 W31 L34インチ 78 80 98 85 27.5 30 18.5 W32 L34インチ 81 82 102 85 28 31.5 18.5 W33 L34インチ 83 84 104 85 29 32 19 W34 L34インチ 86 87 106 85 30 33 20 W36 L34インチ 91 92 112 85 31 35 21 生産国:ブルガリア 素材:コットン100%(カイハラ社日本製12.5オンスセルビッジデニム。洗濯後14オンス)