THE MOST 英国製ラグランコート(ブラックネイビー)
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/7

THE MOST 英国製ラグランコート(ブラックネイビー)

¥126,500 税込

送料についてはこちら

  • サイズ34

    SOLD OUT

  • サイズ36

    SOLD OUT

  • サイズ38

    SOLD OUT

  • サイズ40

    SOLD OUT

富山の名店“THE MOST”のオーナー久保正樹氏(74年生まれ。19歳で渡英し、名店コーディングスで修業)が、70~80年代のグレンフェルのヴィンテージコートをベースにして企画した英国製バルマカーンコートです。 手がけているのは、長きにわたって名だたるブランドのコートやブルゾンの生産を請け負っており、久保氏が「英国に残った本物を作れる最後の工場」と言い切る、ロンドンのTHE LONDON CLOTHING WORKS(TLCW)社。 なんですが、今年はコロナの影響で工場を閉鎖中で、入荷がありません(なので在庫僅少)。そのまま閉じちゃうんじゃないかというウワサもありますが、ここは本当にクオリティが高いので、なんとか復活してほしいものです。 さて、こちらのコートですが、表地には超高密度なヴェンタイルコットン(この素材、今世界で改めて注目されていますね!)「L27」を、裏地にはブリスベン・モス社のコットンドリル「BLAKE」を使用しています。 ヴェンタイルコットンは英国空軍のパイロットが着用するアウター用素材として1943年に開発されたもので、繊維長の長い原綿を極細に紡績し、超高密度に織り上げているため、撥水性と防風性が抜群。 撫で肩が美しく出るラグラン袖のシルエットも、とっても美しいです。 Aラインのシルエットでしっかりゆとりがありながらも、昨今のコートにありがちなトゥーマッチなダボダボ感はなく、その絶妙な塩梅に本物のクラシックを感じます。 ビスポークのスーツにも、スポーティにジーンズと合わせても美しく決まる、自信をもってオススメしたい1着です(サイズが欠けていて申し訳ありません。お早めに~)。 【商品詳細】 生産国:イギリス 素材:表地 コットン100%、裏地 コットン100% 【サイズ34/裄丈:83.5 着丈:100.5 胸囲:113.0(cm)】 【サイズ36/裄丈:85.0 着丈:102.0 胸囲:115.0(cm)】 【サイズ38/裄丈:86.5 着丈:103.5 胸囲:117.0(cm)】 【サイズ40/裄丈:88.0 着丈:105.0 胸囲:119.0(cm)】 ※サイズに関しては気軽にご相談ください。